エイジングケアとは

Standard

エイジング、アンチエイジング、最近よく耳にするようになりましたね。

エイジングとは、一般的に「老化」「経年」のことを意味し、年齢を重ねてゆく「加齢」の意味があります。
最近では「老化」として扱われていますね。

つまり、老化を手入れ(ケア)することを、エイジングケアといいます。
老化に抵抗、対抗するという意味を持つのがアンチエイジング。

この二つの違いは言葉のニュアンスにありますが、アンチエイジングとは、その中でもより強い老化防止の意味を示し、薬事法により安易に効果を謳えない化粧品にはアンチエイジングという文字を使うことができません。
その代わりに用いられているのがエイジングケアなのです。
アンチエイジングを謳えるのは医薬部外品のみですので、その辺も注目して化粧品を見てみるといいのではないでしょうか。

エイジングケアとは老化をケア、防ぐ事を言います、エイジングケア化粧品とはそのまま老化をケアする化粧品なのですね。

さて、老化というと、まるでおばあさんになっていくようなイメージがしますが、加齢という観点で考えると、実はお腹にいる時からはじまっているのです。
一秒一秒時間を経ることを加齢と言います、赤ちゃんでも子供でも加齢はしてゆくもの。何も年頃に限った話ではありません。

時間の老化を止めることはできません。
しかし、肌年齢や脳年齢と言ったように、パーツの老化を防ぎ、若くしてゆくことは可能なのです。
それをサポートするための様々な化粧品が今でも開発され続けています。

肌は老化が表に最も表れやすい場所。
ハリ、たるみ、ほうれい線など、年齢を測るのに重要な部分が顔です。
顔の筋肉が衰えたり、水分量が減ったりすると、変化は如実に表れてきてしまいます。
特に口元の筋肉の低下、たるみは、印象にも影響を与えてしまうので気をつけたい部分ですね。
「なんかいつも怒ってる」なんて言われるようになったら、憤慨したり諦める前に、エイジングケアを考えてください。

人生、笑って過ごすことがなによりです。
笑えるようになれば、口元の筋肉も自然とついてゆきます。